湘南平塚の新築、中古、土地等の不動産情報はネストへ!

湘南平塚エリアの新築や土地、中古物件などの不動産を中心に取り扱っております。

湘南平塚エリアの不動産物件ならお任せください!

ネスト「湘南平塚の不動産検索サイト」

  • 0463-36-1166
  • 9:30~20:00/定休日:水曜日

会員の方

閉じる

TOP
>
>
>
家選びはライフサイクルコストを見よ!

家選びはライフサイクルコストを見よ!

LCCって何?

 

住まいの「LCC」という言葉を聞いたことはありますか?住宅購入をお考えの方は耳にしたことがあるかもしれません。

 

「LCC」とは「ライフサイクルコスト」といい、簡単に言うと、家を建築してから住み終わり解体するまでにかかったコストです。

 

具体的に見ていくと、家を建てるのにかかったコスト、維持するのにかかるコスト、解体するコストなど

 

「家が建てられてから役割を終えるまでにかかったトータルのコスト」と考えると分かりやすいと思います。

 

目に見えづらいコスト

 

この住まいのLCCですが、皆さんは意識して家選びに活用していますか?

 

実際にはなかなかそこまで見ていない方も多いと思います。

 

というのも、「目に見えづらいコスト」が多いからなんです。

 

例えば、「維持するのにかかるコスト」の中には修繕費、水道光熱費、固定資産税なども含まれてきます。

 

修繕費については、建築後10年~15年に一度外壁や屋根の塗り替えをして下さいなどのアナウンスが住宅メーカーや工務店からされていることも多く意識されている方も多いと思います。

 

水道光熱費については、なかなか意識している方は少ないですね。「前やった外壁の塗り替え費用っていくら?」と言われたら大体〇〇万円かなと答えられる方は多いですが

 

「ここ20年間かかった水道光熱費っていくら?」と聞かれてもすぐ答えられないですよね?まさに「目に見えづらいコスト」だからなんです。

 

結局損する家!?

 

この「目に見えづらいコスト」が明確になれば、正しい判断をすることが出来るようになりますよね?

 

例として50年間の利用を仮定し、次の2つの住宅を比べてみましょう。

 

1.価格:3,000万円(一般的な家)

  修繕費:650万円 光熱費:1,320万円

 

2.価格:3,500万円(高気密高断熱の家)

  修繕費:400万円 光熱費:462万円

 

価格だけ見てみると、1の住宅の方が500万円も安く魅力的に見えますよね。

 

では、ライフサイクルコストとあわせてみてみるとどうなるでしょうか?

 

1.4,970万円

2.4.362万円

 

ご覧の通り、トータルのコストは逆転しているんですよね。

 

当初は500万円も安かった1の住宅ですが、トータルで見てみると割高になっています。

 

最初の建物仕様を500万円安くしたからといっても、「結局損する家」になってしまっていますね…。

 

イニシャルコストはかかりますが、断熱性能や気密性能を上げることで水道光熱費を大幅にカットすることが可能で

 

使用している部材のグレードも高いため、メンテナンスについてもコストカットができるからトータルコストがお得なんですね。

 

教えてくれない事情は?

 

ただ、不動産仲介会社や建築会社はそこまで教えてくれません。

 

仮にLCCを算出した表を出してしまったら、住宅性能を重視していない家や技術のない工務店の家、建売住宅などが売れなくなってしまいますからね。

 

車で例えると分かりやすいですが「燃費の悪い車」を売るようなものです。

 

燃費表示のない車が売れないのと同じように、燃費が分からない家が売れなくなる時代も来るかもしれませんね。

 

そもそも、LCCを理解している不動産仲介マンなんてほんの一握りだと思いますが・・・。

 

見るべきところはトータルのコスト

このお話をして1の住宅を選びたいという方はまずいません。

 

建物仕様が高いうえにトータルコストも安くなるのだから、2を選ぶのは当たり前ですよね。

 

このように実際に「トータルのコスト」が分かれば、しっかりした判断ができますよね。

 

ネストでは、住宅の仕様によって家の燃費計算をし比較できるようにご案内しております。

 

高気密・高断熱にすることにより、トータルコストを抑えてかつ健康に暮らせる家を提供しています。

 

注文住宅を建てる際にはLCCのことを少し思い出して確認してみてくださいね。

 

Copyright(c) 有限会社ネスト All Rights Reserved.